神戸市北区の耳鼻科 副鼻腔炎やこどもの中耳炎にも対応 めまい相談医

めまい

めまいの検査について

 まずは、「めまい」とは?

ヒトの平衡感覚は、耳からの情報視覚からの情報体性感覚の3種類の感覚情報のインプットを脳が統合することによって保たれています。これらの情報が乖離して、脳が統合出来なくなった時に「めまい」が生じます。

目まい症状は、自身は静止しているにもかかわらず、まわりの景色が動いて見える異常とも言えます。回転したり揺れ動いたりして見えます。「めまい」は起こり方によって、急激に発症するもの、慢性的に持続するもの、エピソード的に繰り返すものというように3通りに分類されるようになって来ています。回転性めまいとか浮動性めまいとかの分類はなくなってきているようです。

「動いて見える」ということは、目が動いているということです。自分の意思で目を動かしているのではないので、異常な目の動きと言えます。

この異常な目の動きを客観的に把握することが患者さんに何が起きているのかを考えるのに重要です。

 

 で、「めまいの検査」とは?

多くのめまいは耳からのインプット経路の異常で起こります。しかし、めまいは先にお話した脳の統合機構の異常でも起こります。耳だけの異常の場合は激しいめまいであっても自然に治まる場合があり、症状は全く同じであっても脳の異常の場合は命にかかわる場合があり、これを見分けることが重要です。

耳鼻科で行う眼球運動を用いて行う平衡機能検査は、神経の働き具合を「眼球運動」というものさしを使って調べようという検査方法です。これに対してCTMRIはこれらの「危険なめまい」を姿や形の変化で見分ける手段として有用です。多くの耳鼻科医の間では「めまいの検査」イコール「眼球運動検査」ととらえる向きがあります。もちろん、身体全体や手足等のバランス感覚を調べる検査も重要ですが、眼球運動を、随意、不随意、明視下、暗視下に調べて得られる情報は、めまい診療の基本になる情報であることが多く、「眼球運動検査のないめまい診療はあり得ない」とおっしゃる専門医の先生が多くいらっしゃいます。「めまいが回転性ならメニエール病」,「体動時のめまいであれば良性発作性頭位めまい症」と患者さんのおっしゃる症状を聞いただけで、根拠もなく安易に診断して投薬で様子をみて「軽快しなければCT検査」などという場当たり的な対応は避けるべきです。

当院では次のような眼球運動検査を行ってめまいの責任部位(耳なのか脳なのか、耳ならどの三半規管なのか)を調べます。そして、皆さんからよく問い合わせのあるめまい治療法であるエプリー法レンパート法の適応についても根拠をもって説明出来るようになります。

また検査の結果、めまいの原因が脳外科の取り扱う病変であればすぐにも恒生病院で診療を受けていただくことになりますす、神経内科的な病変の場合はしかるべき施設での診療に紹介することになります。

 眼球運動の検査(目の動きの検査)

自発眼振検査(Spontaneous Nystagumus)

 暗所開眼という、視覚の影響を除いた状態で起こる、自然の眼球の動きを観察します。

注視眼振検査(Gaze Nystagumus Test)

 上下左右を注視できるかどうか、その時に異常な眼球運動が存在しないか調べます。

指標追跡検査(Smooth Pursuit Tracking)

 スムースに動く物体を眼で追従できるかどうかを調べます。

衝動性眼球運動検査(Saccade Test)

 瞬間的に移動する物体を眼で素早く正確に追えるかどうか調べます。

視運動性眼振検査(OptKinetic Nystagumus Test)

 動く物体を目で追いかけること出来る速度を調べます。

頭位眼振検査(Positional Test)

 重力を耳がきちんと認識できているのか調べます。この異常でめまいを感じる方が多いです。

頭位変換眼振検査(Positioning Test)

 耳の動きに眼球等がついていけているかどうか調べます。 この異常でおきるめまいが一番多いと言われます。

温度眼振検査(Caloric Test)

 耳に温水や冷水を注入すると三半規管を刺激することができます(キチンと刺激されると、刺激された三半規管が正常であれば人為的なめまいが起きます)。その際の三半規管の状態は眼球運動に表れます。耳の刺激が目に現われるまでの経路は、当然のこと脳が関与しています。

V-HIT(video Head Impulse Test)

 ヒトは目の前の一点を見つめたままの状態で頭を急速に動かしても、耳の平衡能力の働きが正常であれば一点を見続けることができます。この能力に障害が起きていないか調べます。

 

これらの検査では眼を観察しますが「目の検査」ではありません。「耳と脳の検査」ですので、検査中は目を大きく見開いていていただき、キョロキョロすることなく、まばたきをできるだけ控えていただけると良い検査結果が得られます。

 


TEL 078-939-7801 受付時間:月火水金(9:15~12:35, 15:15~18:35)、土(9:15~12:35)

PAGETOP
Copyright © 垂井耳鼻咽喉科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.