神戸市北区の耳鼻科 副鼻腔炎やこどもの中耳炎にも対応 めまい相談医

副鼻腔炎

  • HOME »
  • 副鼻腔炎

副鼻腔炎

内容

これが慢性化したものは、いわゆる「蓄膿症」ともいわれ、炎症が原因で副鼻腔に膿がたまる病気です。

副鼻腔とは前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞の4つを示し、副鼻腔炎はこの副鼻腔に炎症を起こした状態で、しばしば膿が溜まる病気です。

こんな症状の場合は注意!

  1. 黄色い鼻水が出る
  2. 鼻水が喉の方に流れる(たれる)
  3. 鼻が詰まっている
  4. 頭痛がある
  5. 顔面がいたい
  6. 耳が痛い

上記の症状だけでは区別がつきにくく、「花粉症」や「風邪」と間違えるケースもある。

  鼻水 くしゃみ かゆみ 発熱
蓄膿症 ドロッとしている ×
花粉症 さらっとしている ×
風邪 ×

急性副鼻腔炎

内容

原因としてはカゼ、花粉症、アレルギー性鼻炎、虫歯などが挙げられます。副鼻腔(鼻の周囲、頬・眼・おでこの奥にある骨で囲まれた空洞で、鼻の穴とつながっています。)の炎症のことで、副鼻腔の粘膜が腫れたり、副鼻腔の空洞に膿がたまります。

症状

  1. 鼻づまり
  2. 頭痛
  3. 顔面痛
  4. 顔面膨張
  5. ほおの圧迫感や違和感

最初はかぜのような症状でサラサラとした鼻水ですが、次第に膿性の悪臭を伴う黄色の鼻汁に変わってきます。この鼻汁がのどにおちてくる場合(後鼻漏)もあり、飲み込んでも大丈夫ですが、肺に吸い込まないようにしなくてはなりません。

片方の鼻で発症するケースはあまりなく、両側の鼻で発症するのが大半です。

高熱を伴うことは少ないですが、発症した場合は頭蓋内合併症を患っている場合もあります。稀に副鼻腔の炎症が目や脳に進むことで、まぶたが腫れたり、視力が落ち、強い頭痛や意識障害がでることもあります。

治療法

  1. 鼻処置・副鼻腔処置
  2. ネブライザー処置
  3. 化学療法(抗生物質・消炎剤の内服)

患者さんの容態に合わせて、上記1~3の治療法を実施します。

注意していただきたいこと

カゼ、花粉症やアレルギー性鼻炎、歯の炎症からおこるものです。花粉症やアレルギー性鼻炎の場合はその治療、歯の炎症の場合は歯科での治療も併せて必要となります。

「急性副鼻腔炎の治療は、レントゲンで最初にみられた影(炎症)がなくなれば、完全に治った状態ですので終了しても良いです。」という先生もおられるようですが、レントゲン所見は参考資料の一つにすぎません。

慢性副鼻腔炎

内容

慢性副鼻腔炎は急性副鼻腔炎が慢性化したことにより患うことが大多数です。医師の診断の下、急性副鼻腔炎の症状が2~3か月続いた場合、慢性副鼻腔炎と診断されることがあるようです。また、発症には体質や生活環境なども影響するようです。

炎症が続くことにより、副鼻腔の粘膜の腫れや副鼻腔にたまった膿が遷延化します。また、中には鼻茸(はなたけ=鼻ポリープ)ができることがあります。

症状

  1. 鼻汁が絶えない
  2. 口で呼吸
  3. いびきをかく
  4. 匂いがわからない
  5. 頭痛がする
  6. 集中力の低下

といった症状がみられ、これらの症状に中耳炎の併発、のどに下がる鼻汁のために慢性咽頭炎や慢性気管支炎の発症も見られます。

治療法

慢性副鼻腔炎の治療は、数回の外来治療で治すことは難しく、治療期間は長くなります
治るまでの期間は個人差が大きく、予測が困難な事が多いです。
(特に鼻茸が存在する場合は、手術が必要になることが多いです。)


TEL 078-939-7801 受付時間:月火水金(9:15~12:35, 15:15~18:35)、土(9:15~12:35)

PAGETOP
Copyright © 垂井耳鼻咽喉科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.