神戸市北区の耳鼻科 副鼻腔炎やこどもの中耳炎にも対応 めまい相談医

難聴

難聴

難聴には3種類あります。

伝音性難聴

中耳や外耳が正常に機能しなくなり、音が聞こえにくくなる難聴です。但し、機能が低下しているだけであって、神経そのものは異常をきたしているわけではないので、治療や手術などで回復が見込めます。

※代表的疾患は中耳炎です。

感音声難聴

内耳や聴覚神経に異常がある難聴です。早期発見の場合は回復の見込みもありますが、時間を経過している場合は回復が難しい場合も多く、補聴器の使用を検討しなければなりません。

※代表的疾患は突発性難聴、メニエール病など内耳の病気が挙げられます。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因が重なった難聴です。

※代表的な例は老人性難聴であり、どちらの度合いが強いかは個人によって異なります。

特徴

原因としては以下のようなことが考えられます。

  1. 耳垢が溜まっていたり、水や異物が耳に入っている
  2. 耳元で大きな音を聞く
  3. 鼓膜の損傷
  4. 急激な気圧の変化
  5. 内耳や神経の老化
  6. 精神的もしくは身体的ストレス
  7. 薬の副作用
  8. 難聴を伴う疾患を患っている
    老人性難聴、突発性難聴中耳炎、耳管狭窄症、耳硬化症、メニエール病、聴神経腫瘍、外リンパ瘻、耳性帯状疱疹

当院から知っておいて欲しいこと

難聴に関しては日々の生活習慣が大きく関わってきますので、以下の2点に関しては意識するようにしてください。

ストレスを溜めない

問題を一人でかかえこまず、相談できる人には相談をし、趣味などで心身ともにリラックスできる日を作り、ストレスを溜めないようにしましょう。

ビタミンB12を積極的にとる

ビタミンB12は傷ついた末梢神経の修復を助ける力があります。レバー、あさり、しじみ、さんまなどに多く含まれており、市販のビタミン剤を活用することで摂取するのも1つの手段です。

突発性難聴

症状

  • 突然の難聴
  • 耳鳴り
  • 耳がつまった感じ
  • めまい

治療法

突然起こる重度な難聴ですので原因不明なケースが多いです。当院では明確な診療基準を設けておりません。実際、精神的な理由により起こる場合から脳腫瘍などの重度な疾患を患っている場合があります。

そのため、当院では日常生活・生活習慣・検査結果に基づいた上で患者様と相談しながら、オーダーメイドの治療法を二人三脚ですすめていきます。


TEL 078-939-7801 受付時間:月火水金(9:15~12:35, 15:15~18:35)、土(9:15~12:35)

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © 垂井耳鼻咽喉科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.